フランチャイズ独立・開業するならnmesgr

フランチャイズ契約における違約金とは何か

フランチャイズに参加すれば、独立開業ができて、低資金で事業を開始できて、本部手動で影響を行っていくことになります。
そこで違約金というものがあるようですが、これは一体どういったものでしょうか。
本部側としても、安い資金で、本部が場所を提供して、事業のお手伝いをするものです。
参加する人に取っても安い資金で自分の店を持てるわけです。
やってみたけどやっぱりむつかしいので辞めたいと本部に解約を申し込んだ場合、本部は、今まで投資したお金が丸損をするわけですから、そんな途中解約の場合は、なにか違約金をもらわないと、損をするだけです。
いくら独立できやすいシステムを提供していても、慈善事業を行っているわけではないので、フランチャイズに参加してから、急にやめられても困ります。
参加するには、それなりの覚悟をしてから参加してもらわないといけません。

その真剣な気持ちを持ってもらう意味でも違約金の契約は必要です。
違約金という言葉だけを見ているとなにか暗いイメージがありますが、この違約金が本部が安心して任せることができることにもなりますし、参加者がこのフランチャイズ事業で今後やっていくための誓約書のようなもので、途中でやめることをしないような誓の書類のようなものになります。
ただ、違約金が足かせになりやめられないで困っているという人も耳にします。
途中解約は当然、本部からした場合は、どうしても投資したお金をまだ回収していないため損失になります。
少しでも損失を少なくするためにフランチャイズに参加した事業主から違約金をもらうようになっています。
ただし、営業していて、最初と条件がかwって来る変わってくることもあります。
コンビニ経営をしていて、支所はまわりになかったのですが、いづれライバルが出店してきてから売上がヘリ、赤字が続くようなことになれば、辞めたくなるのは当たりまえです。
ただし、自分で事業を行いますので、いくら本部がケアしてくれるからといって全てを任せているのではなく、自分でも予測をしておかないとイケにと思います。
この点で甘い考えで事業を開始する人と、先のことを考えて事業をする人の差が出てくるのではないでしょうか。

最新投稿

  • フランチャイズ契約における違約金とは何か

    フランチャイズに参加すれば、独立開業ができて、低資金で事業を開始できて、本部手動で影響を行っていくことになりま …

    続きを読む...

  • 車両ひとつで出来る移動式カフェや特色のあるカフェもフランチャイズで!

    <h3>店舗を持たずに夢のカフェオーナーに!移動式カフェのフランチャイズ</h3> 「 …

    続きを読む...

  • 大手で!副業で!夢のカフェ経営をフランチャイズで実現!

    <h3>大手のカフェチェーンに加盟して安定した経営を!</h3> カフェ経営の夢を持つ …

    続きを読む...

  • 今や学習塾と言えば個別指導の時代!副業としても始めやすい!

    <h3> 学習塾業界全体の4割を占めている個別指導</h3> 学習塾と言えば、ひと昔前 …

    続きを読む...